『猫と森から学ぶ力を抜いた在り方』

秋ですね。

森の紅葉、黄葉、とても心地よいです。

落ち葉はそのままが美しく、落ち葉の絨毯が寒さから森をまもり、微生物を宿し、肥沃な大地になります。

私達は、どんなに近代化や効率化を進めても、こうした過去から脈々と続く『力を抜いた循環』から離れて生きることは出来ないと感じています。

森の在り方と同じく、猫も『力を抜いた循環』の中で生きています。

暖かい場所、安心安全な場所を好み、たくさん寝る。

一方で人間は、寝ずに働いたり、リスクを冒して発見や冒険の旅に出たり、新しいものを生み出そうとか、すっごい頑張ります笑

そこが、人間の愛すべきサガであり、人間らしい部分ですが、『力を抜いた循環』『脱力したグルーヴ』はいつもすぐ目の前に広がり、いつも優しく人間を受け入れてくれます。

もし冒険や創造に疲れたら、ここに来て森と猫の在り方に触れてくださいね。

森の芸術大学AUN

『森』という地球からの豊かな恵みを感じ、支え合い、活かしあい、与えあえる人間関係に戻る場。 タップダンス、楽器演奏、D.I.Y.、キャンプ、オフグリッド、パーマカルチャー、瞑想、何もしない。など、全てが自由な一日を全ての人に。